1. ホーム
  2. 20代
  3. ≫皮膚科の治療で潰されたニキビ10代はひどいニキビ跡のせいで恋愛もできませんでした

皮膚科の治療で潰されたニキビ10代はひどいニキビ跡のせいで恋愛もできませんでした

ニキビがひどくて恋愛もできない

私は10代の頃は顔じゅうにひどいニキビが出ていてずっとコンプレックスでした。

ニキビのせいで性格も暗くなり、いつも下を向いていました。

そんな性格でしたので恋愛もできず暗い青春時代を過ごしてきました。

家族もニキビ肌で脂症で食べ物も脂っこくニキビがでやすい環境ですごしてきました。

なんとか自分で改善したいと、食事も野菜中心にし、お菓子も一切我慢しました。

とにかく清潔にたもとうと、

何度も顔を洗顔し汗をかいたらすぐにふけるように何枚もタオルを持参していましたね。

それでもニキビは改善せずにとうとう親に頼んで皮膚科を受診することになりました

しかし皮膚科ではニキビを全部つぶされて返って跡になってしまったのです。

それ以来病院にいくことはありませんでした。

高校時代はこうしてニキビは改善することなく暗い学生生活を送りました。

社会人になってもニキビは改善せず

社会人になってもニキビは改善せずに化粧もできませんでした。

仕事のストレスでニキビは余計にひどくなってしまい、ニキビと跡が残るサイクルの繰り返しでした。

色々な化粧品も試してみましたが、治ることはありませんでした。一式5万円以上買ったものもありました。でも香料や添加物がたくさん入った化粧品はますます悪化させていきました。

そんな時に出会ったのが無添加の化粧品でした。

当時は地味な化粧品でしたが今では有名な化粧品です。とにかくシンプルで洗顔を重視する化粧品でせっせと早起きして洗顔しましたね。

おかげでだんだんとニキビが改善し今では全然出なくなりました。

もちろん食事や生活の改善は必要です。

でも私にはこの化粧品が一番効果があったと思っています

ストレスもニキビの原因です。

休日は癒しの空間に通ったりなるべくストレスをためない生活をしています。

使ってる化粧水