1. ホーム
  2. 身体のニキビ
  3. ≫赤いブツブツ胸ニキビの予防はお風呂での「すすぎ」治し方は化粧水での「保湿」

赤いブツブツ胸ニキビの予防はお風呂での「すすぎ」治し方は化粧水での「保湿」

胸ニキビ

気がついたら悪化している胸の赤いブツブツ。胸元の開いた服も着れないし、海も銭湯も億劫に。まさか胸ニキビのせいでデートに行きたくないなんて言えないし……

 

ニキビがある箇所を人に見せられないというのは結構困ります。普段積極的に見せない場所だって抱えていればコンプレックス。やはりいざという時のためにも肌は綺麗にしておきたいですね。

_shared_img_thumb_hotel_yubune20150221103906_TP_V

胸ニキビの原因1

胸ニキビの場所をいじる

「ニキビをいじると悪化する」とよく言われていますがこれは本当です。いじったその瞬間に一気に悪くなるわけではありませんが、続けているといつの間にか悪化しています。肌が荒れたところに更に刺激と雑菌を加えるとなかなか治らなくなってしまうので要注意です。

 

服のスレ、ムレ

身体のニキビは服との摩擦で悪化しやすくなるので治りにくい特徴があります。胸ニキビも例外ではありません。スレたところが痛かゆかったりするとついいじってしまう原因にもなります。 ムレによる影響も無視できません。しかし汗をかいても拭けないことの方が多く、長時間そのままの状態が続いて悪化してしまうこともあります。

 

すすぎ残し

シャンプーやリンス、ボディソープなどの成分が付着した部分は荒れやすくなります。かゆみの原因になるからです。時間がないときに急いで身体にお湯をかけて終わり、などの状態が続いている人は注意が必要です。胸ニキビがある状態で胸を洗い流せていないのは傷に洗剤を塗っているのと同じ状況です。

 

ストレス

最近ストレスを溜め込みすぎてはいませんか。大人になってからのニキビはストレスとも大きく関係しているのです。もちろん思春期の時期も特有のストレスはありますが、大人なら仕事上でもストレスが溜まりますし、仕事をしていなくても仕事をしていないストレスがあります。

 

胸ニキビの予防対策

ゴシゴシ擦らない

胸ニキビの部分はタオルでゴシゴシ擦ると悪化します。痛いのでやらないかもしれませんが(笑)。私が身体にブツブツができたときは、タオルを使わず手で洗います。その方が体感的に治りが早いのです。

 

髪の毛から先に洗う

身体から先に洗っている人はそれが習慣になっているかもしれませんが、一回髪の毛から先に洗ってみてください。それから身体を洗うといつもより少し滑りがいいというか、ヌルっとする感覚がすると思います。

 

これはシャンプーやリンスが身体に付着しているからです。もちろん髪の毛を後で洗った後でも丁寧にすすごうと思えばできますが、2度手間な上に肌への負担が多くなってしまいます。

 

洗い流す際も十分なお湯でしっかり石けんやボディソープを落としましょう。最初は何回お湯をかければきちんと流せているのかわからないかもしれませんが、回数を重ねているうちに感覚がわかってきます。

 

お風呂上がりは胸ニキビを化粧水で保湿

身体にニキビができたところは大抵乾燥しています。乾燥している場所はついいじりたくなってしまうものなので保湿しましょう。

 

身体のニキビの保湿は顔に塗る化粧水で大丈夫です。保湿力の高いものが望ましいですね。

 

まとめ

ストレスなどの原因もコントロールできた方が望ましいですが、身体のニキビは「すすぎ残しを無くす」ことと「保湿する」ことでおさまることも多いです。もし残った赤みを早めに治したい場合は、「ニキビケア」製品でもあり、化粧水でもある製品もおすすめです。

シミ、赤みなどにも効く保湿力抜群の化粧水「リプロスキン」体験談

使ってる化粧水