1. ホーム
  2. 身体のニキビ
  3. お尻
  4. ≫お尻ニキビのブツブツ黒ずみを早めに治す、ニキビ跡が残らない方法

お尻ニキビのブツブツ黒ずみを早めに治す、ニキビ跡が残らない方法

お尻ニキビ

 

お尻の赤み、ブツブツ、黒ずみ……お尻ニキビの辛いところは日々摩擦や圧力に晒されていることです。一度お尻ニキビができてしまうと、完治するまでに時間がかかってしまいます。そして再発を繰り返すとニキビ跡になる確率が高くなってしまいます。

 

皮膚科に行くにもなかなか見せるのをためらってしまいがちな場所。なるべくなら人に見られる前にひっそりと治したいですよね。

 

お尻は負荷がかかりやすく、お尻ニキビが悪化しやすい

長時間座ることが多い人はお尻ニキビになりやすいです。上半身の体重が常にかかっている状態は肌によくありません。圧力によって角質が硬くなります。

 

また、衣類との摩擦もお尻ニキビを悪化させます。特に椅子に座っている状態で位置を変えようとすると体重がかかり気味のままお尻がスレるので要注意。

 

衣服の関係上ムレも避けられません。通気性が悪く、汗をかいたからといって拭けるわけでもないので、不衛生な状態が続きやすくなります。

 

お尻ニキビのケア方法

1.綿100%の下着でお尻ニキビ対策

自分の肌に合った素材、サイズの下着を選びましょう。綿100%のインナーなど、肌に優しいものは無難です。

 

2.クッションでお尻への負担を減らす

椅子に長時間座る人にはクッションをおすすめします。圧力を少しでも減らすことで、お尻ニキビの悪化を防ぎます。

 

私もときどきお尻ニキビができていたのですが、その度に座り方を変えていたので正直辛かったです。低反発クッションを愛用してからは、お尻ニキビができても痛さ半減ですからね。

 

3.お尻のブツブツ、黒ずみ部分のすすぎ残しはNG

お尻ニキビが気になるときは特に丁寧に洗い流しましょう。1回2回ジャーっと湯を当てただけでは流したことになっていません。石けんやシャンプーが残らないように意識することが大事です。

 

4.お尻ニキビに保湿、スキンケア

お尻にスキンケアをする人も少ないかもしれませんが、実は乾燥しやすい場所でもあります。お尻ニキビを発生させないためにも、お尻のブツブツを酷くしないためにも、保湿することは大事です。

身体の保湿にもイケる化粧水

 

早めのお尻ニキビ対策でニキビ跡を予防

ニキビの悩みで一番深いのはニキビ跡です。基本的に真皮にまで達した皮膚はターンオーバーしないので、跡が残り続けてしまいます。お尻ニキビも例外ではなく、黒っぽい跡がポツポツと残ったりして何となく汚い感じがするのは嫌ですよね。

ニキビ跡を残さないためにも、早めの対処が大事です。

 

使ってる化粧水