1. ホーム
  2. ニキビ予防対策
  3. ≫乾燥肌がニキビの原因!保湿がニキビケアに有効な理由

乾燥肌がニキビの原因!保湿がニキビケアに有効な理由

岩肌

ニキビは脂ギッシュな人に多いと思われがちですが、むしろ肌の乾燥こそニキビの原因です。結論から先に申し上げると「乾燥肌が原因のニキビには保湿が一番のニキビケア」ですが、まずはそのメカニズムを解説していきます。

 

そもそもニキビの原因とは

ニキビの原因は毛穴の詰まりです。角栓が毛穴に詰まると毛穴を塞いでしまいます。そうなると皮脂腺から分泌された皮脂が毛穴から出て行けず、溜まってしまうのです。これがニキビの状態です。

皮脂過剰分泌

詰まっているだけなら白ニキビや黒ニキビで済みますが、皮脂を好むアクネ菌が繁殖すると炎症を起こし、赤ニキビ・黄色ニキビへと変化していきます。

 

乾燥肌がニキビの原因になる理由

角質層の水分が失われると角質が硬くなり、毛穴の柔軟性も悪くなります。そこに乾燥して剥がれやすくなった角質が溜まるとニキビの原因になります。

 

また、乾燥肌になると失われた肌のバリア機能を補うかのように皮脂が大量に分泌されます。これが「水分がなくて油分がある状態」です。

 

本来角質層に十分な水分と、水分の蒸発を防ぐ皮脂膜があってはじめて肌を保護できます。

 

肌のバリア機能

 

オイリー肌の人でも水分だけはないという状態の人はニキビができやすい条件が揃っています。冬場にもニキビができやすい理由はこれです。

 

乾燥肌ニキビの対策はやはり保湿

乾燥肌が原因のニキビができてしまった場合、化粧水や保湿クリームなどで保湿するのが一番です。この場合、逆に既存のニキビ対策はしない方が良い場合もあります。既にできてしまったニキビを治すよりニキビ肌そのものを改善する方が大事です。

_shared_img_thumb_AI_IMG_7769_TP_V

肌のカサつきを感じたらニキビのサインでもありますが、真の美肌を求めるならニキビに限らず表皮にしっかり水分が保たれている状態を維持したいものですね。

使ってる化粧水