1. ホーム
  2. キーワード
  3. ≫ターンオーバーとは?お肌の新陳代謝でニキビ跡を残さないためのケア

ターンオーバーとは?お肌の新陳代謝でニキビ跡を残さないためのケア

ターンオーバーとは肌の新陳代謝のことです。肌の細胞が生まれ、基底層(きていそう)→有棘層(ゆうきょくそう)→顆粒層(かりゅうそう)→角質層(かくしつそう)へと変化し、やがて剥がれ落ちます。そのサイクルを正常にすることが重要です。

Fotolia_20878989_XS のコピー 2

ターンオーバーの周期は通常20代で28日ほどです。

 

ターンオーバーが遅くなる原因

一連の流れが28日周期で行われると肌が綺麗になると言われていますが、必ずしもこの周期でローテーションが行われるわけではありません。

 

その原因の1つが老化です。

 

年齢を重ねると徐々にターンオーバーが遅くなっていきます。30代では40日ほど、40代になると55日かかると言われています。歳を追うごとに一度ついたシミなどが残りやすくなるのはこのためです。

 

また、肌の表面に古い角質が残ってしまうとローテーションがうまくいかず、ニキビなどの肌トラブルの原因の1つになります。

 

ターンオーバーは早すぎてもトラブルのもと

ではターンオーバーが早くなればなるほどいいかというと、そうではありません。通常時間をかけて役割をこなし、角質層にまで辿り着いた細胞は既に死んでいます。その死細胞が肌のバリア機能を果たしているのです。その後、垢として剥がれ落ちると役割完了です。

 

しかしまだ準備の整っていない細胞が肌の表面に来てしまうと本来の肌を保護する角質層が十分な働きをしてくれません。小さくて保湿能力も十分に持たない細胞ではバリアとしての機能を果たせません。

 

ターンオーバーの早まりの原因

ターンオーバーが早まる原因の1つとして寝不足が挙げられます。

ターンオーバーは睡眠時に行われるので、質のいい睡眠は肌にとって欠かせません。睡眠時間も6時間は欲しいところ。睡眠が十分にとれない日もあるかもしれませんが、なるべく生活のリズムを乱さないようにもっていくことが大事です。

 

また、間違った洗顔方法もターンオーバーを早めてしまう原因です。1日に何度も洗顔したり、ゴシゴシ洗ったり、熱いお湯で洗い流していたりしませんか。肌はとてもデリケートなもの。特に顔は傷つきやすいです。角質層をボロボロにしてしまうと保湿が効かなくなり、肌の水分が蒸発しやすくなってしまいます。

 

傷ついた肌を補うため細胞の生成・変化が早くなりますが、結果として肌にムラができてしまい、ガサついた肌・ニキビ肌になってしまうのです。

 

洗顔が足りていないのではなく、洗顔のしすぎで肌質が悪くなる場合もあるので要注意です。

 

ターンオーバーを正常にするためには

地味な話で申し訳ないのですが、やはり最終的には健康面を整えることになります。実際私も睡眠不足が続いた時は大人ニキビこそできていなかったものの、おでこに謎の紫色の斑点ができていたりしました。しっかり睡眠がとれる時期になったらひとりでに消えていましたが…… 「美肌には睡眠」というのは決してオカルトではないようです。

 

洗顔方法の改善もポイントです。「顔を触るときはとにかく慎重に」を心がけましょう。

注意:真皮はターンオーバーできない

Fotolia_20878989_XS のコピー 2

基底層〜角質層までが表皮で、この部分がターンオーバーによって入れ替わります。基底層より更に深い真皮にまで傷がつくと跡が消えなくなってしまいます。

 

繰り返すニキビを放置したり潰したりするとニキビ跡の原因になります。肝心なのは真皮にまで傷がつかないよう、ニキビができたら早めにケアすることです。

使ってる化粧水