1. ホーム
  2. キーワード
  3. アクネ菌
  4. ≫アクネ菌は殺菌すべき?ニキビ菌の対処方法は洗顔がおすすめ

アクネ菌は殺菌すべき?ニキビ菌の対処方法は洗顔がおすすめ

アクネ菌(プロピオニバクテリウム・アクネス)は「ニキビの菌」と思われがちです。確かにアクネ菌によってニキビが悪化することもあります。私も最初「アクネ菌が原因なら、殺菌したら治るのかな」なんて思っていました。ところが人体に悪影響のある菌なのかというと、一概にそうとも言えないようです。
アクネ菌は誰の肌にも存在している常在菌です。肌のバランスを保ち、ウイルスなどが入らないようガードする働きがあります。要するに肌を守ってくれているのです。

アクネ菌
一方で皮脂を好む特徴もあります。毛穴が詰まって皮脂が溜まると、その部分にアクネ菌が繁殖。増えすぎたアクネ菌を抑制しようと肌が反応し、結果として炎症を起こしてしまうのです。
こうして毛穴が詰まっている状態の白ニキビ・黒ニキビから炎症を起こした赤ニキビ・膿んだ黄色ニキビへと変化していきます。

 

肌のバランスを保つ一方で、ニキビを悪化させる一面もあるのです。
しかしアクネ菌はあくまで悪化させるだけで、ニキビの根本的な原因は毛穴が詰まることです。アクネ菌がひとりでにニキビを作り出しているというわけではありません。

 

よって有効なニキビ対策は直接アクネ菌を殺すのではなく、毛穴の詰まりをなくしてアクネ菌の異常増加を防ぐことになります。つまり、正しい洗顔です。

 

アクネ菌の存在する場所は皮脂を多く分泌する箇所、つまり顔です。正しい洗顔で毛穴を詰まらせないようにすれば、本来の常在菌としての役割に戻ります。

 

洗顔は大事ですが、過度に洗いすぎると皮脂も落ちてしまいます。それを補うために皮脂を過剰に分泌し、余計アクネ菌が繁殖しやすくなります。

 

適度に洗う、その加減が重要です。

使ってる化粧水