大人になる前に知っておきたい
ニキビはオナニーで出来る?私の体験談

目立つ鼻ニキビは洗顔と紫外線対策でしっかり治す

公開日: : 最終更新日:2016/02/12 顔のニキビ, ,

bsELFAIMG_4503

鼻ニキビはニキビの中でも目立ちやすく、鼻に1つポチッとできるだけでそこに視線が集中しやすくなるものです。しかも痛くなる場合も多く、感覚的にも気になります。

 

厄介な鼻ニキビですが、できる前の予防から既にできてしまった場合の対処方法まで紹介します。

 

鼻ニキビの原因

鼻はもともと毛穴が多い場所です。しかも深い。よって皮脂が溜まりやすいのです。毛穴が黒くなると、いわゆる「イチゴ鼻」にもなってしまいます。

また、鼻は外からの光が当たりやすいので紫外線にも晒されます。石膏像なんかを見るとわかりやすいのですが、鼻が白く光っていたりします。

鼻ニキビ対策1:正しい洗顔

顔にできるニキビに共通ですが、洗顔は大事です。ただし、ゴシゴシ洗うと肌に傷がついてしまい、そこから雑菌が繁殖しやすくなります。特に鼻は擦りたくなる衝動を抑え、泡をぽんぽんと置いて伸ばすように洗いましょう。

鼻ニキビ対策2:鼻の接触は避ける

鼻ニキビは感覚を伴いやすいので痛くてもつい気になって触ってしまいがち。ですが、鼻ニキビを刺激すると悪化してしまうのでなるべく触れないようにしましょう。

また鼻ニキビを両指でギュッと抑え、中を絞り出すような行為はしてはいけません。その場では治ったような気分になりますが、毛穴の奥の皮膚に傷をつけてしまうとそこから菌が入り、結局悪化してしまいます。鼻ニキビを治したいのであればむやみにいじらないようにしましょう。

鼻ニキビ対策3:紫外線・日焼け予防をする

鼻が紫外線に晒されやすいのは上記の通りです。日焼け止めクリームや紫外線対策の化粧水だけでなく、帽子や日傘なども鼻ニキビの予防には効果的です。

 

鼻ニキビ対策4:ファンデーションの注意

ファンデーションに含まれる成分が刺激となって鼻ニキビを悪化させることもあります。また、ファンデーションを厚く塗ると毛穴を塞いでしまいます。

化粧の際に厚塗りはしない、肌を刺激しにくいものを選ぶなども女性の鼻ニキビ対策の一環です。

 

まとめ

鼻は皮脂量が多く、ニキビができやすい場所です。普段から洗顔と紫外線対策で予防しましょう。また、既にできてしまった鼻ニキビはなるべくいじってはいけません。跡を残さないためにも正しいスキンケアで粘り強く治していくことが一番の解決策です。

関連記事

思春期に多いおでこニキビ 予防と対策方法

おでこニキビができてから人の目が気になりだし、前髪で隠すことばかり考えている……そんな辛い経

記事を読む

治らない首ニキビの原因2つと対策まとめ

首ニキビは顔のニキビほど発症率は高くないですが、できてしまうと治りづらいのが特徴です。主に大

記事を読む

20代〜30代の顎ニキビ 保湿で肌をいじる癖を治す

いわゆるUゾーンにできやすい顎ニキビ。無意識に触ったりしてひどくなりやすい部分でもあります。

記事を読む

鼻ニキビ

リプロスキンのレビューと評価です出来物鼻ニキビを一晩で治す方法、体験談

朝起きたら鼻ニキビができていました。 愛用しているリプロスキンのレビューです。

記事を読む

固いニキビの潰し方
固いニキビが潰れない状態コメドが出てこない時の潰し方と芯の出し方を注意書き

芯(コメド)が見える普通のニキビと違う固いニキビができちゃった。

お尻ニキビ
お尻ニキビのブツブツ黒ずみを早めに治す、ニキビ跡が残らない方法

  お尻の赤み、ブツブツ、黒ずみ……お尻ニキビ

鼻ニキビ
リプロスキンのレビューと評価です出来物鼻ニキビを一晩で治す方法、体験談

朝起きたら鼻ニキビができていました。 愛用しているリプロ

リプロスキンでニキビシミ治す
ターンオーバーまであとわずか!リプロスキンの保湿力で潤い肌に!ニキビシミへの効果を試す日記

  リプロスキンを使い始めて2週間が経ちました

リプロスキンでクレーター治す
リプロスキンでクレーター(ニキビ跡)と右頬ニキビを治そうとする日記

右頬だけにできるニキビは「振られニキビ」なんて言われているそう

→もっと見る

PAGE TOP ↑