1. ホーム
  2. 顔のニキビ
  3. おでこ
  4. ≫思春期に多いおでこニキビ 予防と対策方法

思春期に多いおでこニキビ 予防と対策方法

TSJ93_dekopin20150208144726

おでこニキビができてから人の目が気になりだし、前髪で隠すことばかり考えている……そんな辛い経験をしたことはありませんか。せっかく髪型を変えてもおでこニキビの方にばかり目が集中したら台無しですよね。

 

Tゾーンは皮脂量が多く、ニキビができやすい場所です。主に思春期に多いとされています。

 

原因は角栓が毛穴に詰まり、アクネ菌が増殖することです。炎症を起こすとおでこニキビになります。放置するとニキビ跡が残りやすいので、早めに治すことが重要です。

 

額の汗はきちんと拭く

額は汗をかきやすい場所です。汗をかいた後はしっかり拭きましょう。しかし擦ると肌に傷がついてしまい雑菌の繁殖に繋がります。ぽんぽんと乗せるように拭くのが効果的です。

 

シャンプー・リンスは額までしっかり洗い流す

おでこにシャンプーやリンスが付着したまま放置するとおでこニキビの原因になります。髪の毛を洗った後は額にも注意を払いましょう。髪を先に洗ったり、最後に顔をすすいだりする工夫も有効です。また、髪の毛の生え際までしっかり洗い流すことで生え際ニキビの予防もできます。

 

前髪がおでこニキビに触れないようにする

前髪がカーブして額をチクチク刺激するとおでこニキビを刺激し、雑菌も繁殖させやすくなります。前髪で隠したくなる気持ちをぐっと抑え、短く切るか、髪留めなどを使って直接触れるのを防ぎましょう。

 

まとめ

白ニキビや黒ニキビは初期状態ですので、しっかり対処することで治る可能性はあります。市販の薬用洗顔料や薬用クリームでも対処・予防することができます。しかし、本当に悪化してしまった場合は皮膚科での治療も検討しましょう。

使ってる化粧水