1. ホーム
  2. 顔のニキビ
  3. アゴ
  4. ≫20代〜30代の顎ニキビ 保湿で肌をいじる癖を治す

20代〜30代の顎ニキビ 保湿で肌をいじる癖を治す

スクリーンショット_2015_12_24_18_21

いわゆるUゾーンにできやすい顎ニキビ。無意識に触ったりしてひどくなりやすい部分でもあります。男性だけでなく大人の女性にも多いのが特徴です。

 

一度できると治りにくいのが悩みどころですが、原因は様々です。男性と女性で異なる要因も。

 

ホルモンバランスの乱れによる皮脂の分泌量増加

女性にも男性ホルモンの分泌量が増加することがあります。生理前などホルモンバランスが崩れやすいときに男性ホルモンが増えると、男性なら顎髭が生える場所にも皮脂の分泌量が増えます。その結果、毛穴が詰まってニキビになるのです。ストレスもホルモンバランスの乱れに繋がります。

 

乾燥するとつい触りたくなる

顎は手で触れやすい場所でもあるので要注意です。特に乾燥していると肌が気になって触ってしまいがち。一度できた顎ニキビにも手が触れると雑菌が繁殖しやすくなります。

 

対策1:顎までしっかり洗顔

しっかり顔を洗ったつもりでも顎には手が届いていないことも。汚れが落とせていない、化粧水をきちんと塗れていないなどのケア不足も顎ニキビの原因になります。

洗顔の際は顎まで意識して洗いましょう。汚れや古い皮脂も洗い流し、毛穴を守ることも大切です。ただし、洗い過ぎは逆効果です。肌を傷つけるだけでなく、本来必要な油分まで落としてしまいます。すると、それを補うために皮脂の分泌量が増え、ニキビの元になってしまいます。

 

対策2:乾燥肌に保湿は基本

乾燥している箇所を保湿することはニキビケアに限った話ではありません。程よい潤いをもたせることで肌を守ります。乾燥肌が治ると、頻繁に触っていた箇所もいつの間にか気にならなくなります。

 

対策3:肌をいじる癖をストレス発散で減少

ストレスが溜まると肌をいじる癖がついたりします。考え事の最中に手で顎をいじるのもありがちな癖です。自分なりのストレス発散方法を見つけるのも、顎ニキビの治療には効果的です。

 

まとめ

顎ニキビの治療には正しい洗顔と保湿が重要です。市販のニキビケア製品には汚れを落とすだけでなく殺菌効果もある洗顔料、乾燥肌にもオイリー肌にも効果のあるトリートメントもあります。早めに治すにはニキビケア商品も使うと治りが早くなります。

使ってる化粧水