1. ホーム
  2. ニキビの原因
  3. ≫背中ニキビは大人ニキビの一種だからホルモンバランスで対策

背中ニキビは大人ニキビの一種だからホルモンバランスで対策

背中ニキビは大人ニキビの一種

背中ニキビは大人ニキビの一種です。自分の背中を目にすることは少ないため、意外に気付きにくいのが特徴です。

その原因は

背中ニキビができる原因は、いろいろと考えられます。

まず、背中はもともと皮脂の分泌が多い部位です。しかも、常に下着や洋服でカバーされているという特性があります。

ストレスとホルモン分泌

ストレスが多いとホルモンバランスが崩れ、皮脂がさらに多く分泌されます。
そのため、体温や湿気、汚れがたまりやすいのです。すると毛穴が次第に炎症を起こし、ニキビができてしまいます。

さらにシャンプーやボディーソープのすすぎ残しがあると、それらの成分が毛穴に残ります。その結果毛穴が詰まり、ニキビの原因となります。

食生活でも

これに似た原因として、下着やTシャツなどを洗濯した際のすすぎ不足が挙げられます。
また、食生活やストレスも背中ニキビの要因の一つです。

たとえば「脂っこい食事や刺激物、甘いものなどを食べ過ぎる」「仕事や家庭でのストレスがたまっている」というケースはよくあります。

この場合、皮脂腺への刺激やホルモンバランスの崩れなどが起き、過剰な皮脂が分泌されます。それが背中ニキビを誘発するわけです。

この他にも、紫外線を浴びて日焼けしたことによる炎症や乾燥なども、背中ニキビの原因になります。
特に肌が乾燥すると、刺激をブロックするためにたくさんの皮脂が分泌されます。それが逆に、背中ニキビのできやすい環境を作り出してしまうのです。

以上のように、背中ニキビのできる原因は多岐にわたります。症状を改善するためには、まず自分のできることから地道に取り組んでいくと良いでしょう。

使ってる化粧水